こまめに摂取しておきたい!心臓病に効果的な栄養素

血液をサラサラにしてくれるオレイン酸

心臓病は生活習慣病であり、日ごろの不規則な生活による体への負担が病となって現れる病気です。そこでこの記事では、心臓病の予防に効果的な栄養素に焦点を絞って説明します。まず一つ目に、オリーブオイルやキャノーラオイルに含まれているオレイン酸です。この栄養士には、体内の悪玉コレステロールを抑制して血流をサラサラにしてくれる作用を持っているため、心筋梗塞などの心臓に関連する病気には非常に効果的な栄養素です。実際にオリーブ油の消費量がとても多い地中海の人々は、心筋梗塞を再発する確率が非常に少ないことが知られています。

血液が固くなるのを防いでくれるEPA

二つ目に、青魚の油に多く含まれているEPAです。この栄養素には血液中の血小板を固まりにくくする効果と、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があるため、血流をスムーズにし、心筋梗塞や虚血性心疾患の予防に非常に効果的です。傘下に弱い栄養素であるため、生魚を食べることで一番手っ取り早く摂取できます。しかし食事でのみ摂取するのは困難とも言われているので、サプリメントで摂取すると言う手段もよく行われています。

血液中の脂質を改善してくれる食物繊維

三つ目に、五代栄養素に続く第6の栄養素として注目されている食物繊維です。食物繊維には血圧を低下させる働きがあり、その為血液中の脂質の改善、血流の改善をも促進することになります。これによって心筋梗塞をはじめとする、心臓への血液の供給不足で起きる病気を防ぐことができるのです。事実、とあるグループ内で食物繊維を最も多く摂取している人が、最も少なく獲っている人に比べて、9年間で心臓病で死亡する確率が25%も低く低下するという研究結果が出ています。

冠動脈バイパス手術とは、冠動脈が詰まった方が対象の手術です。詰まった部分の代わりとして、新しい血管を繋いでそちらから血液を通すようにするものです。